京王線のガールズバーの素晴らしさについてご紹介をいたします。

ガールズバーでcheers

京王線ガールズバーマニア

京王線ガールズバー

ガールズバーは、カウンター越しに女性バーテンダーがアルコールを提供してくれる飲食店の事を言います。

女性が応対すると言う事でキャバクラとかと同じ物なのではないかと思われがちですが、実際にはそうではありません。
会社の帰り道に、新しくガールズバーができたので興味があり 先月はじめて行ってきました。 それからはまってしまい、今では京王線沿線のガールズバーめぐりをしています。 散々、キャバクラ・クラブを飲み歩いてきましたが、あの素人ぽさがたまらないですね。 AVを見るときに、プロをみるか素人物を見るかの違いですが・・・。 プロもいいけれど、たまには素人ぽい初々しいものを見たいなといった感覚ですね。 ガールズバーは、手に届く範囲というのでしょうか?もしかしたら・・と淡い期待を持てそうな この感覚にはまってしまいました(笑) 高級キャバクラ・クラブのお姉さんたちは、どうみたって落ちませんからね。 いくらシャンパンいれても、彼女たちの心はこちらに向きませんから・・・。

話を戻しますと、先月新しくできたガールズバーは、僕がイメージしていたのと全く違いましたね。 なんか、もっとごちゃごちゃしているイメージしていたのですがお洒落で落ち着いた雰囲気のあるガールズバーでした。お店にもよるのでしょうが。 カウンターがあって、女の子がバーテンダーしているという感じでしょうか。 顔もなかなか可愛くて、何よりとにかく若くて良かったですね! キャバクラやクラブのお姉さんたちは、化粧も濃いし結構年齢いってるけど ここは「20歳になったばかりです」て子達ばかり。 40手前のおじさんには、グッとくる何かがありましたね。僕の住む千歳烏山周辺でガールズバーのアルバイトを探している女の子達は、みんな最初にここを選択するようですね。やはりお洒落なのがよいようですね。

料金の安さにも驚きましたよ。僕が行ってた店は、ちょっと飲んだだけで一人2万3万とられてたのが 2時間いて女の子にも数杯のませても1万円いかなかった。 この金額なら毎週通えるな・・・と思ってからそれ以来、ガールズバー通いをするようになりました。 ネットで京王線沿線で検索して、評判よければ行ってみて自分なりの点数をつけて楽しんでますよ(笑) 女の子には内緒ですが・・・。 今度、ガールズバーリストをUPしてみようと思います。

今回行ったガールズバー:ガールズバークレヨン千歳烏山店
またアルコールだけでなく食事の提供も行われている店舗も多数あるので、男性だけでなく女性客も訪れる場所となっています。

では、そこに客として行くメリットとは一体何でしょうか。

ガールズバーに客として訪れるメリットはいくつかあります。

一つは比較的リーズナブルに楽しむ事が出来ると言う事です。

基本的に女性と会話を楽しみつつアルコールを飲むと言う点から行くとキャバクラとほぼ同じに感じますが、料金設定は大きく違います。

店舗によっては3000円程度で飲み放題という所もあります。

そのため、場所によっては5000円程度で楽しむ事も可能です。

もう一つは営業時間が長いと言う事です。

風営法によって管理されている店舗の場合、営業時間は限られています。

その為、深夜0時から日の出までは合法的に営業する事が出来ません。

従ってもう少し遅い時間に女の子との会話を楽しみたいと思っても、営業していないので店内に入る事すらできません。

しかしガールズバーは風営法で管理されている店舗ではなく、飲食店の形態となっているので深夜営業も可能です。

従って0時を過ぎてからでも店内に入る事が出来、充分その空間を楽しむ事が出来ます。

もう一つは同伴制度がないと言う事です。

お気に入りの女の子の成績を上げたいからと言って同伴する必要が無く、あくまでも店内では店員と客と言う関係で過ごす事が出来ます。

連絡先の交換をする必要もないので、営業のメールや電話もありません。

中にはそういった連絡先の交換自体を禁止している店舗がある程です。

そのため、自分が行きたい時にお店まで行って、アルコールを飲んだり食事をしたり女性バーテンダーとの会話を楽しむ事が出来ます。