レビトラはバイアグラの欠点を改良し、なおかつ高い即効性と程よい効果時間、勃起促進作用を保つED治療薬です。

レビトラの詳細

レビトラの詳細

これまでの欠点が改良されたレビトラ

レビトラは国内で2番めに販売開始されたED治療薬です。2004年に販売されました。それまではバイアグラのみしかありませんでしたが、2種類のED治療薬が販売されたことにより用途が広がったと言えます。というのも、レビトラはこれまでバイアグラを使う上で不評であった食事の影響や効果時間などを改良されたものだからです。製造販売はドイツの製薬メーカーであるバイエル薬品で、5,10,20mg錠があります。

最大の特徴である即効性の高さ

一番の特徴は「即効性の高さ」です。他のED治療薬と比べるとずば抜けています。バイアグラの場合は約1時間ほど。シアリスであれば約2~3時間ほどで効果が現れ始めるのですが、レビトラの場合はなんと20~30分で実感できます。個人によっては15分程度でも現れるそうなので、急なケースが出来た場合にレビトラはとても重宝するでしょう。

即効性の秘密は有効成分であるバルデナフィルの性質。水やアルコールに非常に溶けやすいため即効性が得られるのです。そして勃起促進力もバイアグラに引けを取りません。特に20mg錠は強力な勃起促進作用があるのです。そして冒頭でもお伝えしたように、バイアグラのデメリットであった食事の影響についても改良されています。

レビトラの副作用

副作用はバイアグラと同じように顔の紅潮です。これは副作用が比較的少ないシアリスでも起こります。その理由として、ED治療薬には全身の血管を拡張する効果があるためです。他にも鼻づまり、目の充血、頭痛、動悸などいくつかありますがいずれも一時的に発生するものですので大きな心配をしなくても良いでしょう。しかし併用禁忌薬であるニトログリセリン系の硝酸剤やアミオダロン製剤(抗不整脈薬)と併用してしまうと、重大な副作用が起きてしまいます。意識を失う場合もあり、危険なので絶対に併用しないようにしましょう。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

服用方法は水かぬるま湯で行います。ジュースなどでは効き目が薄くなってしまうこともあるので、なるべくならば水などで飲みましょう。用量は1日一回1錠で、20mgまでです。ですが1日に一回ですので、仮に5mgを服用しもう1錠服用したい場合、それは控えて下さい。その場合は10mgを服用するようにして下さい。

空腹状態で飲まなければいけないものでしたが、レビトラの場合は軽い食事の後で服用しても効果は変わりません。しかし脂肪分の多いものや満腹になるまで食べてしまうと効果が薄れてしまうので気を付けましょう。もちろんバイアグラと同じく空腹状態で服用しても大丈夫です。そちらの場合だと効果の発現が早くなります。

効果持続時間も8~10時間とちょうどよい時間です。バイアグラはちょっと短すぎる。でもシアリスの特徴である長時間効果が続かなくても良い、という方はレビトラを選べば良いでしょう。このように勃起促進作用も強く、効果時間も丁度よい。多少の食事をとった後でも服用が可能。というようにレビトラは万能型であると言えます。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラも医薬品になりますので、医療機関で処方されなければ手にすることは出来ません。しかし海外医薬品の通販を使えば処方せんなしで購入が可能となります。個人輸入として扱われるためです。そして保険適用されない医薬品ですので、全額負担しなければなりませんが、通販を使えば医療機関の価格よりも割安で購入できるので、少しお得感があるでしょう。しかもある程度まとめて買うと、1錠あたりの金額がさらに値引きされますので、使用頻度の高い方は通販で購入するほうがメリットを得られやすいと思います。

また、レビトラのジェネリックも通販であれば購入することが出来ます。さらに安価なレビトラのジェネリックは、ヘビーユーザーや初めて使う方などから注目されています。もちろん有効成分はバルデナフィルですので、即効性に関しても問題はありません。安価でありながらもレビトラと同じような効果を得られとても人気が高いので、まずはその効果を体感したいという方にはぜひとも使ってみてもらいたいと思います。

ED治療薬の通販